おもろブログww

【ごくたまに更新中!】 ゲーム(任天堂)、グルメ(飯テロ)、芸能人の話題になっているニュースなど色々まとめております!!(*^ω^*)

    笑顔が一番!平和が一番!おもろブログww 追記:広告を無しにしました!!

    2020年07月



    (出典 sn-jp.com)


    裏方になっちゃうのかぁ( ゚д゚)

    1 名無しさん@おーぷん :20/07/22(水)20:43:39 ID:AHI

    時代は流れてくんやなー


    【【退所ラッシュ】TOKIOの長瀬もジャニーズ退社する件…】の続きを読む



    (出典 www.news24.jp)


    Go Toキャンペーンが始まりましたね_φ(・_・

    1 風吹けば名無し :2020/07/22(水) 16:41:59.04 ID:aTLZfgEh0.net

    来週からマスクもどんどん補充されるとのこと


    【【Go To】新型コロナ、この2週間が瀬戸際と判明🤔】の続きを読む


    コロナ不況で、やってはいけない4つのこと~資産運用編~


    頭に入れておこう
    ( ^ω^ )

    5月25日、緊急事態が全国で解除され、新型コロナウイルス感染症もいくらか落ち着いてきたように見えたのも束の間。人の移動が集中しやすい東京において、連日3桁を超える感染者が報告され、未だに落ち着いたとは到底いえない状況が続いています。

    当面の間、不景気が続いたと想定した場合、資産運用はどのようにしていけばいいのでしょうか。今回は資産運用初心者を対象に、コロナ不況でやってはいけない4つのことをご紹介します。

    株や投資信託を売却する

    日経平均株価は、3月~5月上旬に比べれば徐々に戻りつつありますが、また急落する可能性もゼロではありません。コロナ禍日経平均株価の変動が大きくなっている今、初心者ほど焦って売却を考えてしまいがちですが、株や投資信託を焦って売却することはおすすめしません。

    特に「長期・つみたて・分散」に重きを置いた投資をしている方は、基準価額が下落した今こそ、たくさんの口数を購入するチャンスだと捉えましょう。

    いくらか口数が増えたところで、今後基準価格が上昇していけばその分だけ損失から回復するのが早くなります。

    リーマンショックを経験したことがある方にとっては当たり前のことかもしれませんが、ここ最近、とくに2018年に導入された「つみたてNISA」をきっかけに積立投資を始めた人にとっては今回がはじめての振れ幅となっているはず。

    リーマンショック時のデータとはなりますが、長期的に経済は回復傾向をたどっていったことから、今回も焦って売却することなく冷静に状況を見るようにしましょう。

    「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

    積立投資を中断する(極端に減額する)

    多くの人が利用しているであろう「つみたてNISA」をはじめ、積立投資は「長期」を前提とした投資です。長期にわたって保有商品を運用することにより、ドルコスト平均法の恩恵を享受すると共に、複利効果を得ることができます。

    そして、大抵の人は余裕資金を積立投資に回していることから、そのお金が今すぐ必要だということもないでしょう。

    とすれば、何年か先の経済回復を待ちつつ、コツコツと今まで通り積立を行ったほうが結果として損を免れることに繋がります。

    先行きが見えない経済状況下であれこれ考えてしまう気持ちは分かりますが、長期投資の効果を信じて、淡々と積立を継続してみてはいかがでしょうか。

    また、国内外の株式や債権、不動産や金などさまざまな資産に対し、分散して投資するようにしましょう。分散投資をすることで、ひとつの資産が仮に暴落したとしても、他のものでカバーすることができます。

    とはいえ、そもそもの手取りが減ってしまっている場合には、今一度、投資金額を見直し無理のない範囲で積立投資額を設定し直すことをおすすめします。

    値上がりしている株を買う

    株価が下落する企業がある一方で、コロナ禍を逆手に取り株価を大きく上昇させた企業も存在します。

    今がチャンスと株式を購入したくなる気持ちも分かりますが、短絡的な株価の上昇に乗じて株式を購入することは避けたほうが無難です。コロナ不況がすべて落ち着き、徐々に元の生活が戻り始めたころ、その株価が引き続き上昇傾向をたどるとは限りません。

    また、市場が大きく混乱していることから予測が難しく、投資初心者が軽い気持ちで株式を購入することはかえってリスクのある行動だともいえるでしょう。

    焦って株や投資信託を買いまくる

    株式相場が大きく変動している今、「持たざるリスク」といった単語を耳にする機会が増えているかもしれません。「持たざるリスク」とは、想定外の上昇相場において、株式などの金融商品を購入しないことによって発生するリスクのことを指します。

    とはいえ、これはあくまで顧客から預かった資金を増やさなければならない機関投資家などに向けた言葉であって、わたしたちのような一般人にとって必ずしも当てはまるとはいえません。

    結果を追い求め、時には運用結果を競わなければならない機関投資家と異なり、わたしたちの資産形成は誰かと競っているわけではなく、あくまで個人資産の範疇です。そのため、「持たざるリスク」といった言葉に惑わされず、今の家計をきちんと把握し、無理のない範囲で投資を検討することが大切でしょう。

    また金融機関にとって、今のコロナ不況は資産に不安を抱く投資初心者を勧誘し、手数料の高い金融商品を売りつける絶好のチャンス

    特に、直近で退職一時金が口座に振り込まれたり、ある程度まとまった金額の入金などがあった方は、振込先の金融機関から言葉巧みに投資へ勧誘される恐れが高いので気を付けるようにしましょう。

    おわりに

    今回は資産運用初心者に向け、コロナ不況でやってはいけない4つのことをお伝えしました。コロナ不況からまた元の経済状況に戻るまで、かなりの時間がかかるかもしれません。

    しかし、あれほど世界に衝撃を与えたリーマンショックでさえ、何年かの時をかけて相場を取り戻しました。急落にそこまで悲観的な感情を抱くことなく、「明けない夜はない」といった心持ちで前向きに乗り切っていくようにしましょう。

    そしていつか回復を迎えたとき、「あのとき焦って変な行動を起こさなくてよかった」と笑って語れるようになりたいものですね。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【コロナ不況で、やってはいけない4つのこと~資産運用編~】の続きを読む


    【退職計画】若い人ほど早くリタイアしたい_:(´ཀ`」 ∠): 日本人の退職準備は楽観的か🤔



    (出典 originalnews.nico)


    資産運用はコツコツと
    (о´∀`о)

     老後2000万円問題が話題になってから1年。当時は「2000万円なんて無理だ」「平均値は高くても、ほとんどの人は達していない」などの声が挙がるも、老後を年金だけに頼ることはできないという意識が高まった。では、日本人はそこからしっかり老後を見据えて準備をするようになったのだろうか?

    【その他の画像】

     フィデリティ投信が行った、勤労者を対象にした退職準備に関するアンケートによると、日本人の多くが、まだまだ退職後に必要な資金を楽観的に捉えていることが分かった。フィデリティ退職・投資教育研究所の野尻哲史氏は、こう警鐘を鳴らす。

     「かなり甘く見ている。日本人は楽観的だと強く出た。計画通りにいっていると思っている人のうち、実際に計画通りにいっている人は45%しかいない。4人に1人は逆に警戒水準だ」

    日本人の36%が「警戒」水準

     これは、アンケートを元に、退職までに用意できる資産額を推計し、老後に必要な資産額で割ってポイント化したもの。フィデリティは「退職準備スコア」と呼び、ポイントによって4段階に分類した。日本人全体で見ると、運用成績が過去を下回っても退職後の生活をカバーできる「計画通り」は30%。一方で、このままでは退職後の生活設計を大幅に見直す必要がある「警戒」は36%だった。

     しかし、この客観的なデータに対し、主観評価はもっと甘い。計画通りだと思っている人の過半数が、実際はそうなっていない。また、客観的には「警戒」水準なのに、「計画通り」「あと一歩」だと思っている人は59%もいる。

     背景には、2000万円問題があれだけ騒がれたにも関わらず、退職までに必要な資金を把握していない現状もある。「分からない」と答えた人は52%に上った。これは、同時に調査を行った英米ドイツ、香港と比較しても高い。野尻氏は、「分からない人の比率が高い日本と英国は、ほかの国に比べて公的年金のカバーが厚い。または厚かった。これが、どれくらい必要なのか自分で考える力を抑制しているのではないか」と分析した。

    ●若い人ほどスコアが低いのに、「早くリタイアしたい」

     特に厳しいのが20代の若年層だ。日本人全体では「警戒」水準は全体の36%だったが、20代では比率が53%まで高まる。年齢の高い層では、公的年金や確定給付年金などのサポートが見込まれる反面、若年層は見込み難いため、いっそうの自助努力が必要となる。しかし、収入から貯蓄に回す比率を示す貯蓄比率は7%と低く、しかもその運用方法は44%が銀行預金などの元本確保型だ。

     一方で、退職希望年齢は、若年層が最も低く、63歳。「若い人ほど早くリタイアしたいと考えている。50代を見ると、所得が高いほど早くリタイアしようとしていて、これは分かる。しかし、若くなるにつれて、退職希望年齢が若くなっている。もう一つの課題だ」(野尻氏)

     海外と比較すると、退職準備スコアが最も高いのは米国だ。しかし、55歳以上のシニア層でくらべると、日本と米国で大きな差はない。一方で、20〜38歳の若年層では、15ポイントもの差が付いた。その理由は、社会保障や公的年金などのサポート体制の違いが大きい。ただし、資産をどのように運用するかについても国によって違う。

     例えば、日本では銀行預金などの元本確保で運用する人は44%だが、米国では11%に過ぎない。一方で、年齢に連動して株式への投資比率を変更していく「ターゲット・デイト・ファンド」などのライフサイクル型は、日本では2%だが、米国では17%もある。

    ●退職準備の3つの処方箋

     野尻氏は、このような厳しい状況の日本の退職準備に対して、3つの処方箋を挙げた。

     1つは、貯蓄率のアップだ。日本の貯蓄率は税込み年収の8%が中央値だが、フィデリティが推奨する16%まで上げると、退職準備スコアは19ポイント改善するという。

     2つ目は、資産運用における投資先の見直しだ。諸外国に比べて低い株式への投資比率を見直すことで、9ポイント改善する。

     3つ目が、退職予定年齢の引き上げだ。日本では年金給付年齢は65歳が基準だが、海外では67歳に上がりつつある。日本人の退職希望年齢の中央値である65歳から、67歳まで伸ばせば、退職準備スコアは22ポイント改善するという。

     金融業界では「貯蓄から投資へ」という掛け声のもと、諸外国に比べて低い株式投資比率を引き上げようという施策が取られてきた。ただし、このポイントの改善効果でも分かるように、単に投資へ資金を回しただけで退職準備が進むわけではない。

     「株式などに資産構成を変えることで、(運用結果を)掛け算する数字は退職までの年齢だ。そのため、若い人のほうがインパクトが大きくなる。また、貯蓄比率の引き上げも、退職年齢の引き上げも、運用との相乗効果で影響が大きくなる」と野尻氏は話した。

     フィデリティの調査では、希望や自己認識と、客観的な数字の大きな乖離(かいり)が明らかになった。野村HDも、先日「資産寿命」が簡単に計算できるスマホアプリリリースした。必要となる資産額と現実とのギャップを、シンプルに把握できる。「2000万円」といった一律の数字ではなく、各自が自分に必要な金額を把握し、それに対応する処方箋は整いつつある。

    日本のスコアは75で、全体としては「要注意レベル」だが


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【退職計画】若い人ほど早くリタイアしたい_:(´ཀ`」 ∠): 日本人の退職準備は楽観的か🤔】の続きを読む



    (出典 img.activityjapan.com)


    わーい(о´∀`о)

    1 いち和食 :2020/07/13(月) 22:26:59.528 ID:ZUdfTDxm0.net

    ホテル格安で泊まれるwwwwwwwwwwww


    【【圧倒的割引率】gotoキャンペーンが割と楽しみな件wwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ